生命保険とは

 私的保険のうちの一つで、人の生死に関して保障する定額給付の保険のことをいいます。つまり、保険の対象となっている人物が亡くなった場合に、その損失を保障するものとして契約に応じた保険金が受け取れるのが「生命保険」です。

  1. 人気の生命保険商品
    1. 終身保険
    2. 定期保険?
    3. 養老保険?
    4. 個人年金保険?
  1. 生命保険の種類
    1. 死亡保険
       被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われる保険のことをいいます。
       生命保険のメインの役割ともいえる死亡したときの保障を主にカバーするもので、代表的なものとして「定期保険」と「終身保険」があります。
      1. 定期保険
         掛け捨てで一定期間の死亡保障となりますが、保険料が安いのが特徴です。
      2. 終身保険
         一生涯の死亡保障が特徴です。
      3. 定期付終身保険
         上記の「定期保険」と「終身保険」を組み合わせたものになり、最も人気の商品です。
    2. 生存保険
       一定期間まで被保険者が生存している場合にのみ、保険金が支払われる保険のことをいいます。
       思った以上に長生きをした場合に生活費に困窮しないように備えるものです。つまり、長生きしたときのリスクに備えるための保険といえます。
       代表的なものとして「個人年金保険」が挙げられます。一般的には、死亡保障とセットになっています。
    3. 生死混合保険
       上記の死亡保険と生存保険を組み合わせた保険をいいます。代表的なものとして「養老保険」が挙げられます。

生命保険の仕組み

 生命保険契約者がお金を出し合って、保険の対象者が死亡した場合に、その遺族にお金を支払う仕組みになっています。
 その際、保険に加入する際に、性別・年齢・健康状態等に応じて保険料を設計し、保障の幅に差をつけることで平等化を図っています。

 生命保険は、不意に死亡した時のリスクに備えた安心を買ったものですから、死亡時に助けられる人もいれば、掛け捨てとなる人もいます。
 つまり、相互扶助の仕組みにより成り立っているものですので、損をする人と得をする人がいることの理解は必要です。

生命保険の用語

 生命保険を比較する上で、生命保険独特の専門用語の意味や仕組みを知ることは生命保険の賢い松陰選びにつなげることができ、各生命保険の比較がしやすくなります。

  • 生命保険契約に関する用語
    • 主契約
       生命保険の基本となる部分の契約をいいます。
    • 特約
       生命保険の主契約に付加して契約するものをいいます。したがって、特約のみの契約はできず、必ず主契約とのセットになります。
  • 生命保険契約において登場する人物に関する用語
    • 契約者
       保険会社と生命保険契約を結ぶ人のことをいいます。契約者に生命保険契約上の権利と義務があります。
    • 被保険者
       生命保険契約の対象となっている人のことをいいます。
    • 受取人
       保険金を受け取る人のことをいいます。
  • 生命保険契約により発生する金額に関する用語
    • 保険料
       契約者が生命保険契約に基づき保険会社に払い込む金額のことをいいます。
    • 保険金
       被保険者が死亡した場合、もしくは、高度障害になった場合、又は、満期まで生存した場合に保険会社から受取人に支払われる金額のことをいいます。
    • 給付金
       被保険者が入院や手術をした場合に、保険会社から支払われる金額のことをいいます。
    • 解約返戻金
       生命保険契約を中途解約した場合に、契約者に払い戻される金額のことを言います。
  • 保険料算定に関する用語
    • 予定死亡率
       統計に基づいて、性別や年齢ごとに算出した死亡率のことをいいます。予定死亡率が高い場合、つまり、死亡する人が多い場合には、保険料は上がります。逆に、予定死亡率が低い場合は保険料が下がります。
    • 予定利率
       保険会社があらかじめ見込んでいる運用利回りのことをいいます。予定利率が低い場合、つまり、運用による収益が上がっていない場合には、保険料は上がります。逆に、予定利率が高い場合は保険料が下がります。
    • 予定事業費率
       保険会社が保険事業を運営する上で必要な費用のことをいいます。予定事業費率が高い場合、つまり、事業経費が多い場合には、保険料は上がります。逆にm予定事業費率が低い場合には保険料は下がります。
  • 剰余金の発生に関する用語
    • 死差率
       予定死亡率で見込んだ死亡者数より実際の死亡者数の方が少ない場合に発生する利益のことをいいます。
    • 利差率
       予定利率で見込んだ運用による収益より実際の運用収益の方が多い場合に発生する利益のことをいいます。
    • 費差率
       予知事業費率で見込んだ経費よりも実際の経費の方が少ない場合に発生する利益のことをいいます。
  • 配当の有無に関する用語
    • 有配当保険
       死差率・利差率・費差率の3つから配当金が支払われる保険のことをいいます。
    • 準有配当保険
       利差率のみから配当金が支払われる保険のことをいいます。
    • 無配当保険
       配当金が支払われない保険のことをいいます。

生命保険の必要性

 生命保険は、主に事故や病気などのリスクが生じたときに受けるダメージを回避・軽減するために必要とされます。
 特に、世帯主が病気や死亡した場合に残された家族や遺族の生活保障のために必要な金額を計算する「必要保障額」により生命保険の商品を選ぶことが多いでしょう。
 その他必要に応じて、生命保険商品を選ぶことができます。

  • 終身保険の必要性
     保険金請求から約1週間で保険金を受け取ることができるため、死亡後の整理費用・葬式費用・相続税対策・学資などの必要性から人気があります。また、解約返戻金の一部(約8~9割)を借入金として借りることができるため、いざという時のための借入金としての必要性から保険に加入する人も多くいます。死亡を待たず、解約返戻金を貯蓄の一つとしての保険に加入することもありますが、解約返戻金は最低保証がないため注意が必要です。
  • 定期保険の必要性
     一定期間内に死亡した場合に死亡保険金が支払われるタイプの生命保険であるため、主に世帯主など一家の大黒柱が死亡した場合に残された遺族の生活保障として必要な保険です。
  • 学資保険の必要性
     子供の高校・大学などの進学の費用に備える「貯蓄性」と契約者である親に万一のことがあった時に受け取ることができる「死亡保障」に対する必要性から以前から人気の生命保険です。

生命保険特約の比較

 病気やけがをした場合の補償として、生命保険の主契約に特約を付加することができます。なお、特約は主契約に付加することが前提としたものですので、特約単独での契約はできません。

おすすめの生命保険特約

 生命保険の主契約に付加する特約として検討すべきおすすめの特約をご紹介します。

  1. 傷害・死亡に関する特約
    1. 災害割増特約
       不慮の事故を原因とし、180日以内に死亡、高度障害になった場合に保険金が支払われる特約をいいます。
    2. 傷害特約
       不慮の事故を原因とし、180日以内に死亡、所定の身体障害になった場合に保険金や給付金が支払われる特約をいいます。
  2. 入院に関する特約
    1. 災害入院特約
       災害や事故を原因とするケガにより180日以内に入院した場合に給付金が支払われる特約をいいます。
    2. 疾病入院特約
       病気を原因とし、入院した場合に給付金が支払われる特約をいいます。
  3. 通院に関する特約
    1. 通院特約
       病気やケガを原因とし、退院後も通院による治療を行っている場合に給付金が支払われる特約をいいます。
  4. その他の特約
    1. 三大疾病保障保険特約
       がん・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態になった場合に生存中に保険金が支払われる特約をいいます。
    2. 先進医療特約
       公的医療保険の対象となっていない先進医療のうち、厚生労働大臣の定める施設で厚生労働大臣の定める先進医療を受けた場合に給付金が支払われる特約をいいます。
    3. リビングニーズ特約
       被保険者が余命6か月以内と診断された場合に、生存中に死亡保険金が支払われる特約をいいます。