学資保険とは

 学資保険とは、子供の教育費等を積み立て、高校や大学などの進学の費用に備えるという「貯蓄性」が最大の魅力となる保険です。別名、こども保険ともいわれます。
 しかし、低金利、マイナス金利政策の昨今では「貯蓄性」に限ると学資保険のメリットは段々と薄れてきているといえます。むしろマイナスの商品が多いかもしれません。

 「貯蓄性」と併せて検討したいのが、「死亡保障」です。この場合、死亡保障といっても子供の死亡保障ではありません。契約者である親に万一のことがあった時に受け取ることができる死亡保障を指します。

 契約者は親、被保険者が子供という契約が原則です。

学資保険の必要性

 学資保険の特性から、「貯蓄性」と「死亡保障」の観点から次のような必要性があると言われています。

子供の学費としての必要性

 将来子供の学費として資金が必要なことがわかっていても、具体的にいついくら準備するのかということは漠然としているものです。

 生活にゆとりができたら、貯金しようと思っていても、なかなか勢いづかないことがあると思います。将来困らないためにも、学資保険はできる範囲の少額からでも加入し、これが家計費の一部だと実感することが大切です。

 この場合、保険として積み立てることで、毎月定額が口座から引き落とされて、入学までに必要な資金が溜まるというのが子供の学費としての必要性です。
 毎月引き落とされることで、いくら学費を貯めているかということが明確になるため、子供が生まれる度に加入することがよいでしょう。

利回りからの必要性

 低金利、マイナス金利の昨今では必ずしも利回りがいいとは言えず、そのために加入するという必要性は低いように感じられます。
 しかし、銀行に預けていてもそれは同じこと。学資保険の加入期間が長いほど返戻率(戻り率)は高くなりますので、子供が生まれたら早めに学資保険に加入することが必要でしょう。

[check] 分割による利回り
 学資保険は上記の通り加入期間が長いほど利回りがよくなります。したがって、分割して学資保険を受け取れる契約の場合、分割で受け取ることも検討が必要です。受け取る時期が遅れることで利回りがよくなるという理屈です。
 昨今は低金利ですが、5年度、10年後、18年度はどうなっているかわかりません。その時の状況により、一括で受け取るか分割で受け取るか必要に応じた選択をすればよいと考えられます。

万一のことがあった場合の必要性

 ないにこしたことはありませんが、契約者である親が死亡や重度の障害を負った場合に、それ以降の保険料が免除され、保険金を満額受け取ることができる「死亡保障」は万一のことがあった場合から必要とされるものです。
 また、学資保険で賄えない部分は、定期保険?等でカバーするのが無難です。

 もちろん、その他の保険や財産状況で必要でないと考えられる場合は考慮は不要です。

医療保険は必要か

 一家の大黒柱である大人(親)が病気をした場合は、就業ができなくなると収入がなくなるため、一定の医療保険は必要であると考えられます。

 しかし、子供の病気の場合は、一家の大黒柱ではないでしょうから、一定の年齢までは公的な医療費の助成制度で無料となるため原則として不要でしょう。
 一定の年齢を過ぎた後も高額療養費制度がありますので、一定の金額を超えた医療費は申請をすることで戻ってきます。

学資保険の比較

 学資保険を選択する場合に重要な返戻率(戻り率)は、100%を超えればプラス、100%を下回ればマイナスです。割合が大きければ大きいほど「貯蓄性」が高いことになります。
 したがって、返戻率を中心に学資保険を比較することをおすすめします。

学資保険のランキング

 返戻率が高い学資保険を以下の通りランキングで表示しています。常に変動していますので、必ず見積りを行うこととをおすすめします。

【No.1】ソニー生命「学資保険

 複数のタイプが用意されており、学資保険を受け取るタイミングで返戻率が異なります。しかし、いずれにしても非常にシンプルで「貯蓄性」が高い学資保険です。
 10歳までに保険料を完納すると返戻率が115%台にまでなるプランもあります。
 また、子供の教育プランに合わせたオーダーメイドのプランも作成可能です。

【No.2】明治安田生命「つみたて学資Ⅰ型」

 10年払い・15年払いなど短期払込プランから選択でき、返戻率が高い設計になっています。
 また、学資金は4回に分けて受け取れるため使い勝手がよいのがポイントです。

【No.3】フコク生命「みらいのつばさ」

 兄弟・姉妹割引を適用すると保険料が割引になるため、子供が多い家庭には特におすすめです。また、据え置き可能なお祝い金制度もあります。

【No.4】日本生命「ニッセイ学資保険

 分割払いで学資金を受け取ります。大学入学の出費がかさむ時期に2倍の金額を受け取れる使い勝手の良さが人気です。
 また、小学校や中学校の入学時にお祝い金を受け取る「子供祝い金あり型」と「子供祝い金なし型」が選択できますので、状況に応じた活用ができます。
 ちなみに、返戻率が高いのは「子供祝い金なし型」です。