子育て費用

 子供が生まれてから大学を卒業するまでに必要な「養育費」だけで平均で1,500万円を超えると言われています。
 「養育費」とは、子供の出産から、食費、医療費、おこづかいなどです。

 しかし、それ以上に金額がかさむのが「教育資金」です。

 子供が義務教育を終える15歳までは、児童手当(子供手当)が支給されることなどから、比較的余裕があるように錯覚するものです。

 しかし、実際に多くのお金が必要になるのは、高校~大学の間です。

 「教育資金」は、子供の進路により大きく変動し、最も事前準備が難しい資金です。

 どのような進路でも困らないように「教育資金」の確保をすることが一番望ましいのですが、なかなかそうとはいかないのも現実です。


子育て費用っていくらくらいかかるの?

 小学校・中学校・高校・大学がすべて公立だったとしても1,000万円を超え、すべて私立の場合には、1,500万円を超える「教育資金」が必要といわれます。

教育資金が多く必要な場合は?

 さらに、次のような場合には、より多くの「教育資金」が必要です。
[check] 予備校に行く場合
[check] 下宿が必要な場合
[check] 医学部など授業料が高い学部に進学する場合
[check] 私立高校や私立大学に進学する場合

 また、上記が複数重なる場合(私立高校に通いながら予備校に通い、私立の大学医学部に進学する場合など)、卒業までに3,000万円以上必要なケースもあります。

 大学は、高校までと異なり通学圏外といことも多いでしょう。しかし、借入可能な奨学金にも限度があります。
 せっかく本人が希望する大学に合格したら、行かせてやりたいのが親心。

教育資金の準備

子育て費用ってどうやって貯めるの?

 ここで、子供を大学まで卒業させるためにどのように資金を蓄えておくかが重要となります。

 毎月コツコツと貯金できればそれがベストです!

 しかし、人間は弱いもので、あるお金は使えるお金と錯覚してしまい、なかなか思うように貯金できないものです。

コツコツが大前提!

 無理せず、コツコツ蓄えていくことは大前提です!

 目安として、子供一人につき高校卒業までに300万円、できれば500万円ほど貯蓄できているのが理想ではないでしょうか。
 私立大学の医学部等の場合には、2倍以上は少なくとも必要と思われます。

 若い頃は、給料も少なく貯蓄額もなかなか増えず、不安になるかもしれませんが、だからといって何もしないのが一番よくありません。

子育て費用は分散させる!

 余程意志が強く、自信がある人以外は分散させて蓄えることをおすすめします。

 かといって、子育て費用を株、仮想通貨、ギャンブルなどハイリスク、ハイリターンなもので一気に増やそうというのは危険な考えです。

 余力資金でなく、子育て費用のような蓄えが必要な資金にふさわしい増やし方ではありません。

子育て費用の分散方法

1.定期積立をする!
 毎月決まった日に普通預貯金口座から定期積立口座に口座振替をします。
2.児童手当(子供手当)を別口座に積み立てる!
 児童手当は、将来の教育資金と考え、もらわなかったつもりで積み立てる「つもり預金」です。
3.学資保険など貯蓄性の高い生命保険で蓄える!
 年齢、性別、年数、子供の数などによりベストな保険を検討します。

1.定期積金
 この中で、最も簡単なのが「定期積金」です。銀行や郵便局で手続きをすれば、毎月同じ日に同じ金額が定期へ振り替えられます。ボーナス時期などに積立額を増やす設定も可能です。
 しかし、最も簡単に解約できるのも「定期積金」です。ハンコ一つあれば、普通預金に戻し、引き出しが可能です。
 したがって、意志が強い人には向いていますが、意志が弱い人はこれだけでは、不十分なものと言えます。

2.児童手当
 子供が小学生や中学生の頃は、学校の授業料は無料、予備校など高額な費用も不要、電車代などの通学費用も不要、下宿代も不要…など、児童手当で賄える場合が多いかもしれません。

 その時に、思ったより使えるお金が多いと勘違いしないことです。
 上記のとおり、児童手当がなくなってからが「教育資金」にお金がかかるのです。

 そのために、将来に備え、できるだけ「つもり預金」に回したいものです。

3.学資保険など
 貯蓄性の高い保険は、学資保険に限りません。
 年齢にもよりますが、お父さん、お母さんなどの生命保険の方が貯蓄率が良いものもあります。

簡単にお金を使えない環境を作り出す!

 保険の良いところは、簡単に引き出したり、解約ができないところです。また、ライフスタイルに合った個別の設計ができます。

 お父さん、お母さんなどの生命保険は、子供が高校を卒業する頃に生命保険の解約返戻金がピークになるように設計しておくと、学資保険と同様の役割も果たせます。20代~40代での加入であれば、解約返戻金も比較的多く、ぜひ検討しましょう!

 もちろん、無いに越したことはありませんが、お父さんやお母さんに万が一のことがあった場合に、子供が学校を卒業できるようにするための本来の生命保険としても役割も大きいといえます。

 緊急を要する資金が必要になったときは、解約によらなくても、払い済みにする方法や、積み立てた保険から一時的に借りることも可能です。

子育て費用の分散

貯金が苦手!意志が弱い!人におすすめなのは?

 したがって、保険の活用は、貯金が苦手! 意志が弱い!という人に最も適しているのではないでしょうか。

 ただし、生命保険は、国内の保険会社、外資系の保険会社等保険会社が多いばかりでなく、取扱い保険も各保険会社で「学資保険」「養老保険」「終身保険」「定期保険」…と保険の種類が多く、それらの複数の組合せや特約を入れると無限大にあります。

 家族構成、年齢、性別、子供の数、予算などにより有利な保険や不利な保険などの検討が必要ですし、その中から最も適した保険を選ぶのは至難の業であると同時に危険です。

 保険を選ぶために仮に「A保険会社」に直接行っても、「A保険会社」の商品のみの説明しか受けられず、よく分からないまま加入してしまうということも起きかねませんので、加入する予定の保険が決まっていない場合は得策ではありません。

 したがって、複数の保険会社複数の商品を比較することが重要で、ライフプランニングの専門家であるFP(ファイナンシャルプランザー)に相談することは大きなメリットがあります。

専門家への無料相談窓口

 家族構成、年齢、性別、子供の数、予算など複数の条件から、ぴったりなライフプランニングを検討してくれる専門家であるFP(ファイナンシャルプランザー)に無料相談できる窓口が開放されています。複数のFPに相談してよりベストな選択をすることもいいでしょう。

 人気の無料相談窓口をいくつか下記に記載していますので、複数相談することもできます。

[check] <No.1> 面談型で無料相談
 専門家であるFPに相談したい方はこちらから申込できます。ショップ型ではなく、希望の場所で相談できることとしつこい勧誘がないのが人気の理由です。
 キャンペーン中で「お米(ゆめぴりか)」や「牛タン」がもらえるので、さらに家計にやさしい。 (^-^)/



[check] ショップで無料相談
 お近くのショップで直接相談したい場合は、こちらからお調べいただけます。




 来月から貯めよう、来年から貯めようというのは、結局いつになっても「子育て費用」が貯まらない典型的な考えです。

 まずは、ライフプランニングができる専門家に気軽に相談してみましょう!


powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK