不要な生命保険

 若い頃によくわからず、生命保険会社の営業職員の勧誘のまま加入した生命保険や結婚・出産などで生活環境が変わった場合に以前加入した生命保険が不要になることがあります。
 このような場合は一刻も早い生命保険の見直しが必要でしょう。

 ただし、生命保険の見直しのために解約する場合は、見直した保険に加入できることが確定した後の方が望ましいです。
 生命保険を解約したはいいが、新しい保険に加入できなかった…ということになると泣くに泣けません。

生命保険が不要な理由

 生命保険が必要か不要かは、次のことから判断します。

  • 保険の目的
  • 保険料
  • 保険金
  • 保険期間
  • 保険内容

 また、次のようなライフステージで、保険が必要か不要かを判断することをおすすめします。

  • 仕事関係
    • 就職・転職した
    • 独立した
    • 退職した
  • 婚姻関係
    • 結婚した
    • 離婚した
  • 子供関係
    • 子供が生まれた
    • 子供が独立した
  • その他
    • 住宅を購入した

生命保険の解約

 生命保険が不要だと判断した場合、生命保険の解約の検討に入ります。
 不要だと判断した生命保険のどの点が特に不要だったのかを検討しましょう。
 特に、よくわからず特約を付けている場合、新たに特約を付けたい場合などに注意が必要です。

  • 保険料
     保険料が保険の内容に見合っていない。
  • 死亡保険金
     結婚や子供の誕生で保険金が不足している。
     または、子供の独立で保険金が過大である。
  • 保険内容
     結婚や子供の誕生で、死亡保険金以外にも保険内容を見直す必要がある。
  • 特約
     傷害特約、定期保険特約、入院特約などを付加したい。

 この場合、特約はあくまで主契約に付加されているものなので、主契約を解約した場合、特約も解約されることに注意が必要です。